介護

みなさん、介護職ってふだんどんな仕事をしていると思いますか?

介護職とは、いろいろな生活上の課題(例えば、自分ひとりでは食事や着替えができなかったり、買い物や料理ができなくて困っている、等)のある人に対し、生活を直接に支援することでその課題を解決する活動全般行う、いわゆるケアワーカーと称されている人のことです。

こうした介護職は高齢者施設、障がい児施設等の社会福祉施設のほか、在宅ケアでの訪問介護サービスやデイサービスセンターなどの通所系サービス等でも活躍しています。
私たち清水会グループでは、高齢者に対する多様な介護サービスを提供していますが、高校・専門学校・大学新卒で入職していただく方々にまず従事していただく業務は、入浴、更衣、排泄、食事、整容などの直接的なお世話だと言えます。

入職後は単に業務自体に慣れ、技術を覚えるだけでなく、入所者様はもちろん、同僚・上司とのコミュニケーションをどうやったら図れるか、自ら考えて取り組む姿勢が大切です。
その後、行事の企画・実施、委員会活動等で入所者様の生活向上に関する間接的な援助にも従事していただくことになります。

それでは、清水会グループの施設(有料老人ホーム鶴見緑地)に正社員として採用された介護職員の一日(早出シフト)をご紹介しましょう。

ワーク

TIME SCHEDULE

7:00

申し送り・情報収集

モーニングケア・誘導
朝食準備

7:30

嚥下体操・配膳・下膳
食事介助・配薬介助

8:00

誘導
口腔ケア

8:30

排泄介助

入浴者バイタル測定・記録

9:00

朝礼

入浴誘導・準備・介助

シーツ交換・環境整備

10:00

水分提供と排泄介助

記録

11:00

食事声掛け・離床介助と誘導 配膳・下膳

11:30

食前薬の服薬介助

食事介助

食事介助や口腔ケアの他、施設を清潔に保つための環境整備も行います。

休息は交代で取ります。
12:30

居室誘導・口腔ケア
排泄介助

13:00

食堂掃除・ゴミ集め

13:30

カンファレンス

水分提供・排泄介助

14:00

居室清掃・リネン交換

午後は楽しい作業だけでなく、職員間での情報共有、居室の整備など、複数業務を並行して行わねばならない時も。「段取り力」を発揮しながら仕事をすすめます。

記録・ミーティング

15:00

おやつ・水分提供・トイレ誘導

15:30

退勤

先輩の声はこちら

STAFF INTERVIEW

入社1年目・有料老人ホーム鶴見緑地 介護員

高齢者の生活全般を任されるのが介護業務です

介護の仕事は身体介護だけではありません。入居者様の身の回りの介助の他、「施設での生活全般のお世話を任される」のが介護職です。生活全般ということは生活そのものに楽しさ、喜び、そして変化がなくてはいけないと思います。
その意味で、高齢になり、自ら動いて楽しさを追及することが次第に難しくなっている入居者様に代わってプランを考え準備をすることも大切な仕事です。私の勤務先では地域のボランティアの方々にも協力いただき、フラワーアレンジメントの教室や近隣のコンビニエンスストアからの訪問販売などを実施しています。

秋には一番の大イベントである「秋祭り」をしっかり事前準備しスタッフ一丸となって頑張りました。入居者様だけでなく家族様、地域の方々からの大好評をいただいたことが忘れられません。
これらは介護業務の重要な部分であることはもちろんですが、職員として「共に楽しむ」気持ちが重要だと思っています。自分自身が人生を楽しむ気持ちが豊かにあれば、結果として作るプランも豊かになり、喜んでもらえる行事の企画ができるようになっていくのだと思います。

スタッフインタビュー

休みを取って大いにリフレッシュ!

その意味でも、身体を休め大いにリフレッシュすることが大切です。清水会グループの介護施設では休みの希望も取れますし、有給休暇も取れます。私はディズニーランドへ行って旅行を満喫しました。

入社して1年、さまざまな経験をさせていただき、自信に繋がることも多々あり、私にとって介護職は自分に向いていると思えるようになってきました。どんな仕事でも最初は不安ですが、何かできることが増えて行くとどんどん楽しくなってゆきます。
私たちの仲間になって一緒に働きましょう。

法人独自のゆとりある人員配置

独自のゆとりを持った人員配置で、ワーク・ライフバランスに配慮・グループ内連携が心強い

清水会グループでは無理のない運営を行うため、公的基準を上回る独自の人員配置基準( 各施設2.X 対1 )を設定しています。
そのため、いわゆる残業に追われることもほとんどありません。
また家賃の補助制度があり、特に地方から来られる方には寮を準備しているため安心して入職いただけます。
家賃補助制度、地方出身者の寮について、詳しくは統括本部人事室(06-6952-5188)までお問合せください。

※人員配置基準とは?
例えば職員の配置の基準が「3対1」ということの意味は、「入所者の数が3又はその端数を増すごとに1以上とすること」という意味で、これが最低基準となります。
例えば定員90名であれば看護・介護職員が30名必要となるわけです。
ユニット型の施設ではユニットごとにさらに人員を追加配置すべきことが厚生労働省令で定められています。
※いざと言うとき安心な、グループ内病院との連携
高齢者の暮らしを支える上で心配な入居者様の状態の変化にも、鶴見緑地病院や様々な施設との連携がとれるため、スムーズな対応ができ、安心感が違います。このことは入職前には中々気が付きにくい点ですが、入職してから「グループ内連携が密接で本当によかった!」と実感される職員が多いです。

多彩なサポート

清水会グループではキャリアパス制度を導入し、知識や技術の向上をめざしグループ全体で取り組んでいます。自分の課題や成長を確認しながら、ステップアップ可能な制度になっています。
キャリアラダーに基づく研修を数多く開催するとともに、OJTでの先輩職員によるマンツーマンの指導や、接遇研修・事例発表など様々な研修があり、育成に注力しています。
また、グループ施設内で介護福祉士の受験対策講座を例年開催しており、外部講師の指導の下、一発合格を目指し勉強しています。
さらに、入職後に一定の資格を取得した人には報奨金が出る『資格取得奨励金制度』も準備しています。
介護福祉士養成施設で、「医療的ケア」の教育、または、実務者研修「医療的ケア」を修了された介護福祉士の方は、勤務事業所において、実地研修を受けることができます。
清水会グループは職員の「やる気」を全力でバックアップしています。

多彩なサポート

第三者評価

清水会グループでは、第三者評価など外部の声を積極的に取り入れて運営の質の向上を図るとともに、職員の処遇改善やワーク・ライフバランスを支援するための環境整備を進めています。
第三者評価とは、事業の管理運営水準の一層の向上を図るためのモニタリング制度の一つで、管理運営が適切にできているかどうかを第三者が客観的に評価するものです。清水会グループでは、平成25年6月から11月にかけて、大阪府社会福祉協議会福祉サービス第三者評価センターによる第三者評価を受審しました。特別養護老人ホームさくら苑、養護老人ホームさくら苑、ケアハウス鶴見緑地の3施設が平成21年に引き続き2回目、新たに特別養護老人ホーム城東こすもす苑が初回の受審をいたしました。第三者評価の内容は、WAM NET(ワムネット)の福祉サービス第三者評価情報ホームページ(http://www.wam.go.jp)で見ることができます。

第三者評価

RESERVE

清水会グループでは施設見学を受け付けております
お気軽に施設見学にお越しください

施設の見学を希望する