小規模多機能型居宅介護の特徴(他のサービスとの比較)小規模多機能型居宅介護の特徴(他のサービスとの比較)

小規模多機能型居宅介護の特徴(他のサービスとの比較)

小規模多機能型居宅介護 他のサービス






・自宅で生活をしながら、部屋に空きがあれば、宿泊したい時に利用可能(個室対応)。緊急時の泊まりも可能。

・施設に入居(多床室・個室)



・「訪問」「通い」サービスと情報を元に、自宅での生活環境に合わせてサービス提供。「通い」から引き続いてのサービス利用も可能。
同じ場所で、同じスタッフで、同じ仲間と泊まることができる。



・施設サービスで生活全般を介護
入所施設のケアスタッフによるサービスの提供


・介護度に応じた月々の定額基本利用料に別途宿泊費
・食費がかかります。
・基本利用料は泊まり、通い、訪問を通じて回数に関係なく定額。


・介護度に応じて利用料は定額










支給限度額には関係なく、必要に応じて利用。







支給限度額の範囲内で、必要に応じて利用。
・「泊まり」「訪問」「通い」サービスが臨機応変に利用が可能。
・安否確認のみの訪問も可。
・24時間連絡・支援体制あり。
・追加利用時には、支給限度額を見ながら、他のサービスとの調整が必要。

「泊まり」「訪問」「通い」サービスの職員が同じ事業所の職員であり、馴染みの職員になる。情報も共有しやすい。
訪問介護の職員


泊まり、通い、訪問を通じて回数に関係なく定額。

利用料は利用回数に応じて支払い。










支給限度額には関係なく、必要に応じて利用。
短時間(入浴のみ)の利用も可。
一日複数回の利用も可。
利用中の通院も可。








支給限度額の範囲内で、必要に応じて利用。
・「泊まり」「訪問」「通い」サービスが臨機応変に利用可能。 ・追加の利用時には、支給限度額を見ながら、他のサービスとの調整が必要。

「泊まり」「訪問」「通い」サービスの職員が同じ事業所の職員であり、馴染みの職員になる。情報も共有しやすい。
通所介護の職員


泊まり、通い、訪問を通じて回数に関係なく定額。

利用料は利用回数に応じて支払い。

採用情報

  • 採用メッセージ
  • 先輩の声
  • 募集要項一覧