ご挨拶

医療と介護。そして、その未来へ。

医療法人清水会 理事長 水野郁子
医療法人清水会 理事長 水野郁子

「"地域と共に歩む"が基本理念」

清水会グループは、昭和50年3月にミズノ胃腸科内科外科診療所として旭区森小路に開設されたのが原点となります。
現在、社会福祉法人 清水福祉会9施設、医療法人 清水会6施設と医療・介護福祉のグループとして2020年には創立45周年を迎えます。
この長い歴史の中で、私たちはいつも地域の方々に寄り添い「地域貢献」を使命として歩んでまいりました。

「なくてはならない存在に」

グループの掲げるスローガンとして「医療と介護。そして、未来へ」としています。
地域の皆さまに愛される施設として健康のパートナーであり続けるためには、医療・介護の質の向上取り組みは必須であります。
その延長に、清水会グループのブランド力を明確にさせ、地域から更に信頼・安心して頂ける存在となれるよう取り組んでまいります。

「一つの目的のために」

私の好きな言葉に《one for all all for one》「一人は みんなのために みんなは 一つの目的のために」というラグビー用語があります。
ラグビーの場合はトライが目的となりますが、私たちの法人に置き換えると、患者さま(ご利用者さま)のすべてのニーズの為に、個々が自分の職責を正確に理解して役割を果たしながら、お互いにフォローし助け合ってグループ理念にトライしていくことに通じるのではと考えています。

「変わることを恐れずに」

清水会グループが歩んできた「地域貢献」のワンチームは、今後も、愛されるグループへ変化を恐れず、誠実の日々を重ねてまいります。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。