外来のご案内外来のご案内

整形外科領域での再生医療

健康保険対象

整形外科領域で再生医療を導入しました。

- 自家培養軟骨移植術の手術について -

再生医療とは、事故や病気などで失われた体の組織や臓器を再生することを目的とした、近年注目されている治療法です。当院では、その再生医療の治療を整形外科の分野でスタートしました。
その治療法とは、整形外科の疾患の中で膝の軟骨が大きく欠けてしまった患者さんに、患者さん自身の軟骨の一部を培養して作られた軟骨を移植する自家培養軟骨移植術です。

自家培養軟骨移植術とは?

自家培養軟骨

自家培養軟骨

関節軟骨は、ヒザの動きを滑らかにしたり、ヒザにかかる負担をやわらげるクッションの役割を果たしています。軟骨組織には血管がなく、傷を治すための有効な細胞が少ないため、事故やスポーツで軟骨が欠けたり、剥がれてしまうと、自然に治癒するのは難しいと考えられています。

欠けた軟骨の治療法の中で、近年注目されているのが「自家培養軟骨移植術」です。自家培養軟骨移植術にもいくつか種類がありますが、日本で公的医療保険の対象となっているのは、「外傷性軟骨欠損症」または「離断性骨軟骨炎」で、欠けた軟骨の面積が4㎠以上の患者さんです(変形性膝関節症は治療できません)。この治療法は平成24年7月に厚生労働省により承認され、平成25年4月より公的医療保険で受けられるようになりました。

正常なヒザ 軟骨欠損したヒザ

自家培養軟骨移植術のメリット

「自家培養軟骨移植術」は、患者さんご自身の細胞を使うため、①拒絶反応がきわめて少ないこと、②少しの軟骨から細胞を増やし、広い範囲の軟骨が欠けた場合により有効であるなどのメリットがあり、治療後はヒザの痛みが和らぐことが確認されています。

自家培養軟骨移植術のメリット

対象患者

スポーツや交通事故が原因による外傷性軟骨欠損症や離断性骨軟骨炎の方

手術の流れ

※あくまでも一例です。患者さんの状況により異なることがございます。

  • 1.外来診察

    医師が適応になるか診察します。

  • 2.軟骨の採取

    入院し、軟骨採取の手術を行います。

  • 3.軟骨の培養

    4週間かけて軟骨を培養。

  • 4.移植の手術

    再入院し、移植手術を行います。

  • 5.リハビリ

    手術終了後すぐにリハビリを始めます。

「自家培養軟骨移植術」について、下記Webサイトにも情報が掲載されています。

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)

http://saisei-navi.com/hiza/