当院について当院について

看護部の院内研修

看護研修体制

看護研修体制

研修担当者 看護職員の能力に合わせた研修計画を立案するもの。
教育担当者 病棟や外来、手術室など各部署で新人研修の運営を中心となって行うもの。
実地指導者への助言及び指導を行い、また新人看護職員への指導、評価も行う。
プリセプター 新人看護職員に対して、臨床実践に関する実地指導、評価を行うもの。

教育について

教育について

臨床の現場で、実践的な知識と技術の徹底指導を行うのが当院のやり方です。
看護部の目標である「最良であたたかな看護サービス」を提供するための役割と責任を果たすために、組織として院内教育・院外研修・看護研究発表などを支援しています。

看護部教育計画

看護師一人ひとりのキャリア開発を支援する。(臨床実践能力習得段階表)

  • 基本的には部署スタッフ全員が新人にかかわり育てていくことを基本とする。
  • 新卒者には年間教育計画があり 教育担当者がマンツーマンでサポートする。
  • 職場に適応できるよう話しやすい環境づくりを心がける。
  • ラダーにそって段階的に業務範囲をひろげていく。
クリニカルラダー教育
レベルⅠ 新卒 所属する看護職場の基本的な看護(基本的な看護技術、看護過程の展開など)ができる。
レベルⅡ 2〜3年 所属する看護職場で日常的に必要とされる看護実績はほぼ単独でできる。
レベルⅢ 4〜5年 所属する看護職場で高度な看護実践を行い、更にそのモデル的な看護実践の教示をすることができる。
レベルⅣ 5年以上 論理的な知識と実践的知識を応用し、卓越した看護実践を実施し組織的にも広範囲な役割遂行を実践できる。
レベルⅤ 管理職 病院・看護部の理念・基本方針を理解し目標に沿って病棟運営ができる。
  レベル I レベル II レベル III レベル IV レベル V
4月 技術習得
電子カルテ研修
ME機器研修
接遇
BLS研修
ME機器研修
リーダーシップ
基礎
摂食・嚥下機能障害のある患者の看護 リーダーシップ研修 機能評価受審に向けての役割分担
5月 検温・観察・吸引・DX・バルン挿入
外来・薬局
看護研究の進め方 糖尿病患者の看護 医薬安全管理 機能評価受審にむけての業務改善見直し
6月 心電図
注射・採血
夜勤勤務準備
症例決定 看護における感染予防 コーチングコミュニケーション 機能評価受審本番
7月 IVH
輸血介助
  倫理的な問題解決手法 退院支援 クルニカルラダーの計画研修の検討
8月 急変時対応
挿管・呼吸器の管理
合同研究準備 高齢者の理解認知症患者の看護 トラブル回避技術 接遇 職員の定数確保・WLBを考える
9月 タイムテーブルの管理   リーダーシップ 病院倫理 個別テーマで講習(師長)
10月 接遇ロープレ 抄録提出 接遇ロープレ 褥瘡ケアー 接遇コミュニケーション 個別テーマで講習(師長)
11月 看護技術チェック 看護研究発表 患者家族のメンタルサポート   個別テーマで講習(師長)
12月 タイムテーブルの確認   慢性疾患患者のセルフケアー 看護研究 個別テーマで講習(師長)
1月 看護技術チェック プリセプターについて 看護記録(基礎編)   25年度目標実績評価
2月 一年の振り返り
まとめ
合同研究発表会 合同研究発表会 合同発表会 合同研究発表会 教育計画について

新人教育

新人研修

生きた看護実践のため優れた看護技術を身につけます。(修得)
知識の裏付けがない技術、心を伴わない技術は不完全です。逆に技術を伴わない知識のみで人の命を救うことはできません。また、患者様を思いやる心があっても技術を伴わなければ、患者様の苦痛を和らげることはできません。専門的になるほど基本的な看護技術は重要であり、身に付けることにより自信と誇りを持つことができます。
臨床の現場では、プリセプターがマンツーマンで徹底指導を行います。

段階別研修 (臨床経験別)

年間のテーマを決め、計画・実践します。さらに自らも新しい技術や知識を修得し、研鑽を積み重ねています。

リフレッシュ研修・看護管理研修・新人教育責任者講習

これら看護部をリードしていく特別な研修にも力を入れています。

専門研修

講習会などの機会も多くもち、院内の医師やコメディカルスタッフの協力を得て専門分野の学習を実践しています。
また、院外研修などに積極的に参加して、医療界の変動を早くキャッチし柔軟に対応できるように取り組んでいます。

接遇教育

接遇教育

法人全体で総力をあげて実施しています。
専門の外部講師を年2回お招きし、新人研修・職員研修・リーダー研修を行っています。
さらに、毎日ミニ研修をも各部署で実施しています。
また、その成果を法人全体で接遇発表会を実施しております。

院内勉強会

当院では、ほぼ月に1回、院内の医師、看護師、その他医療スタッフを対象に勉強会を開催しています。
講師は、当院の医師や看護師など、様々なスタッフが担当します。時には、院外から講師を招く場合もあります。

病院教育委員会

当委員会の業務は、以下の勉強会の開催についての管理・運営を実施しています。

  • 安全対策:年2回(安全対策委員会)
  • 感染防止対策:年2回(感染対策委員会)
  • 個人情報
  • 病院倫理
  • 禁煙
  • その他(院内BLS講習会 など)
研修内容
4月 新入職員オリエンテーション 5月 食中毒
6月 医療安全 7月 個人情報
8月 看護・介護における医療安全 9月 病院倫理
10月 インフルエンザ 11月 ノロウィルス
12月 ノロウィルス 1月 禁煙
2月 患者の権利について 3月 -

医療安全研修

CPR訓練

PR訓練

AED
自動体外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき、Automated External Defibrillator)

AED

感染対策研修

感染対策研修