看護 -人材育成-

看護部からのメッセージ

東岡しげ子

平成28年4月、全職員の人材育成の促進を目的に、当法人は人事考課制度を見直し、改定実施から1年経過しました。新しい人事考課制度では、個々の目標設定を明確にし、その達成に向け自ら計画的に行動することが求められています。導入当初は戸惑いも見受けられましたが、各等級に必要な課題や各部署および個人目標の実現に向けて前向きに取り組んでいます。個々の目標設定の明確性や達成度は道半ばですが、それぞれ真摯に取り組んでいます。

一方、当病院は法人の人材育成方針を基に、職員の自覚と責任を持ち、各専門職のプロフェッショナルとして自立することを目標とし、従来の院内研修の在り方を見直すことになりました。それに伴い、今期よりe―ラーニング、「オンデマンド研修」を導入するとともに、多職種協働の院内集合研修を4月よりスタートしています。自身の専門性を考え、自主研修では空いた時間に、何処からでも自由にオンデマンド研修の受講が可能となったことで、職員の自己啓発の機会と支援に繋がっているようです。
看護部の人材育成の基本方針は、看護職員一人ひとりの質的向上を図り、より安全で安心な質の高いケアの提供をモットーにしています。日頃から患者さんやご家族の立場に立ち、相手を思いやる心と配慮に加え、根拠ある考えの下、アセスメントし、対象の人々に適切な対応ができるよう努めています。それと共にバランス感覚を養い、コスト意識を持ったマネジメント能力の育成にも注力しています。

近年の超高齢化と多様化するニーズに対応していくには、看護職に期待される役割や専門性を高める能力開発は必須です。
当看護の特徴は、内科系、整形外科疾患の急性期から慢性期・地域包括ケアにおける幅広い高齢患者さんのQOLを高める看護が主流です。入院から在宅復帰までのプロセスを通じ、患者さんやご家族等としっかり向き合い、多職種との協働で個々の患者さんやご家族のニーズに最も適した対応策を模索し合い、患者満足度の向上に繋げられるよう努めています。

働きやすく、活気ある職場風土改革の取り組みの一環から、よい組織づくりに参画できる方、キャリア開発に興味のある看護職の皆様、私たちの病院や看護部に関心のある方々、ご一緒に自らの能力開発にチャレンジしてみませんか。

平成29年4月
鶴見緑地病院看護部長 東岡しげ子

キャリアラダー制度概要(鶴見緑地病院看護部卒後教育について)

鶴見緑地病院では看護職員対象のクリニカル・ラダー教育システムを2010年より実施しており、看護師や看護助手にはキャリアノートによる目標達成度の自己管理をしています。
さらに2016年より昇給や等級に応じた自己課題の申請(チャレンジ申請)を取り入れ課題をクリアし病棟の業務や病院の改善に役立つ人材をしっかり評価してゆく考課制度を実施しています。この制度により等級や階級を上げ、キャリアアップすることが出来ます。
また、家庭を大切にして仕事をしたいという方には、看護協会などで実施される研修に参加できなくても、インターネット研修(スマートフォンでの受講も可)で時間の空いた時に講義を受けられる「スキマ学習」が可能な、オンデマンド式の研修システムを取り入れています。
もちろん看護職員のみでなく介護職員(看護助手)への継続教育も確立しています。毎年感染対策・医療安全はもとより、介護職として必要なスキルを身に付けるための研修もオンデマンドで動画(全54本)を視聴しながら学習することができます。

新人看護師教育の年間計画

新人看護師教育の年間計画平成29年4月入職者

入職式の後3週間は研修期間で、各部署ローテーションをしながら病院の設備や病棟の一日の流れを知り病院になじむことから研修をスタートしており、4週目からは各配属場所でプリセプターがつき実践に則した学習を行います。技術面や電子カルテの使用に対してチェックリストを使いつつ3ヶ月後6ヶ月後の達成度を確認しながら技術・業務の完成度を評価してゆきます。
また看護技術に関する必要な技術やスキル実施時の注意点などを学習することが出来るようにインターネット研修を取り入れ(S-que)オンデマンド院内研修のワンポイントナースで72本に及ぶ動画による看護技術研修を準備しておりいつでもどこでも予習が可能です。(例:静脈注射・輸血・腹腔穿刺・中心静脈栄養etc)
このプリセプター制度とオンデマンド研修の2本立てで新人看護師の「不安」や「あせり」「自身喪失」が少しでも軽減できるようにスタッフ全員でバックアップしていきます。

鶴見緑地病院のプリセプター制度

鶴見緑地病院のプリセプター制度

新人教育の支援システムとして看護教育の現場で広く取り入れられている制度として「プリセプター制度」があります。
具体的には①中堅期(主に3年~5年目)であり、かつ新任者と同職種であること②担当する業務が新任者と同じ者が、新入職看護職員(プリセプティ)を1名担当し、新任者個人の能力に合った日常的、かつ直接的な、きめ細かな対応をすることや身近な相談者として悩みへの対応や心理的なサポートを行うものです。
鶴見緑地病院看護部では、中途採用者にもプリセプター制度を導入しています。
仕事をしながら定期的に記録のチェックを受けたり、時には感想文等の課題を提出するなど、看護業務経験者であっても入職当初は忙しい日々の中、悩んだりすることもあるかと思いますが、プリセプターに悩みを聞いてもらうことで安心して業務に取り組むことができます。また、ワークライフバランスに配慮した病棟運営が、心身ともに健康なナースライフを支えます。

外部研修

クリニカル・キャリアラダー教育システムでどんどんキャリアアップしたい人には、外部研修に参加することもできます。所属長を通じて参加希望を出し、部の承認を得ることで研修費だけでなく、交通費も全額支給されます。
平成28年度は大阪府看護協会の主催する看護研修に40名が参加しました。

看護奨学金・募集要項はこちら

RESERVE

清水会グループでは施設見学を受け付けております
お気軽に施設見学にお越しください

施設の見学を希望する